TOKAI univ.  

東海大学陸上競技部中・長距離ブロック    




TOKAI news.

3位以下を引き離しワンツーフィニッシュ

10月1日(日)に第42回札幌マラソンが開催され、副主将・湊谷春紀(3年・体育)と湯澤舜(3年・体育)が出場しました。両者ともに積極的なレースを展開。熾烈な順位争いを制した湊谷が優勝し、湯澤は2位でゴールしました。3位の駒澤大学の学生とは最後まで競り合ったものの、4位以下とは20秒近くの差を付けてゴールすることができました。
いよいよ間近に迫った第29回出雲全日本大学選抜駅伝競走に向けて、良い流れを作ることができました。多くの皆様のご声援に感謝するとともに、これから始まる駅伝シーズンでも多くの皆様のご声援をいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

植樹祭に参加させていただきました
8月29日(火) 合宿地である白樺湖にて、「白樺湖周辺大学駅伝合宿記念植樹祭」が開催されました。
東海大学からは両角速駅伝監督、春日千速主将(4年・理)、川端千都(4年・体育)、國行麗生(4年・体育)の4名が出席させていただきました。長野県・白樺湖周辺にて合宿を行っている他大学も出席し、「ハウチワカエデ」を植えました。カエデの花言葉には、「美しい変化」や「約束」などがあります。今回の夏合宿を変化のきっかけと捉え、選手それぞれが大きく、強く変化し、秋のトラックシーズン・駅伝シーズンに臨みたいと思います。日頃よりお世話になっている皆様方に良いご報告ができるよう、部員・スタッフ一同一所懸命に取り組んで参りたいと思います。

監督の故郷にて 東海大学陸上教室を開催



 8月11日(金)に茅野市運動公園陸上競技場にて「東海大学陸上教室」を開催させていただきました。この陸上教室は、茅野市と東海大学が包括的協定を結んでいることや、両角駅伝監督が茅野市観光親善大使であり合宿など様々な面で茅野市とご縁があることから、茅野市体育協会様に主催、茅野市陸上競技協会様に共催、茅野市教育委員会様と茅野市観光協会様に後援をしていただき、毎年行われています。
今回は第1次白樺湖合宿の中、今年の箱根駅伝に出走した選手が中心となって講師を務め、参加させていただきました。小学1年生から中学3年生までの男女の幅広い年代の皆さんに参加していただきました。教室は終始明るく楽しい雰囲気で、走ることの楽しさを、東海大生と一緒に体を動かしながら学び、ラダーやハードルなども使いながら基本的な動き作りを中心に行いました。教室の最後には実際の箱根駅伝で使用した襷を使い、全員で400mリレーを行いました。
学生は”指導する”という貴重な体験を通じて、小中学生からたくさんの元気をいただくと共に、指導の勉強もさせていただきました。
茅野市の方々には、箱根駅伝の応援に沿道に駆けつけていただいており、普段は交流して直接お礼を申し上げることができないため、こうした機会に感謝の気持ちをお伝えすることもできました。準備や運営にあたっていただいた皆様方に感謝申し上げると共に、今後も東海大学への温かいご声援をよろしくお願い申し上げます。

Breaking40実らずも 東海大記録更新
第9回東海大学種目別競技会1500m(Tokai//Breaking40)

8月4日(金) 秦野市カルチャーパーク陸上競技場にて第9回東海大学種目別競技会1500m(Tokai//Breaking40)が行われました。今年のトライアルでは3分40秒切りを目標とし、卒業生や陸上競技部短距離ブロックの選手にペースメーカーを依頼し、レースに臨みました。
第1組から3分55秒を切る好記録を出し、続く第2組では3分50秒を切る選手が続出。待ちに待った最終組では、レースを終えた選手たちもトラックに出て熱い声援を送りました。最終組には日本選手権1500m覇者・館澤や東海大記録保持者・木村などが参加。短距離ブロックの選手や卒業生が正確なペースを刻み、關颯人(2年・体育)が館澤、木村らを振り切り1着でゴールしました。惜しくも3分40秒を切ることはできませんでしたが、3分42秒08の東海大新記録を樹立しました。

今季絶好調 実業団選手との闘い制す
秩父宮賜杯第57回実業団・学生対抗陸上競技大会

7月22日(土)にShonanBMWスタジアム平塚において、秩父宮賜杯第57回実業団・学生対抗陸上競技大会が行われました。1500m学生代表には長距離ブロックから木村理来(2年・教養)と阪口竜平(2年・体育)が選出されました。実業団選手と学生がぶつかり合う闘いで、見事レースを制したのは木村。前主将の荒井七海選手も出場する大会で、優勝することができました。阪口も木村に負けじと意地を見せ、3位に入りました。表彰式では、東海大学の卒業生と現役選手が揃い「TOKAIポーズ」を披露しました。多くの皆様のご声援ありがとうございました。
今後も引き続き、東海大学陸上競技部長距離ブロックと卒業生へ多くの皆様のご声援をよろしくお願い致します。

春の締めくくり 惜しくも総合2位
第30回六大学対校陸上競技選手権大会

7月16日(日) 筑波大学陸上競技場にて、第30回六大学対校陸上競技選手権大会が行われました。春シーズンの締めくくりとなる今大会では、5連覇を目指し陸上競技部一丸となって臨みました。合計得点は138.5点、惜しくも総合2位となりました。気温が高く夏の暑さを感じる中、4年生の小林和弥(体育)が3000mSCで優勝。最終学年の意地を見せ、後続と2秒以上の差を付けて優勝しました。さらに長距離ブロックは1500mで7点、5000mで15点、3000mSCで13点、計35点を獲得しました。
選手それぞれが今回のレースから得た経験や課題を活かし、さらに成長した姿を見せられるように今後のトレーニングに邁進していきます。多くの皆様のご声援ありがとうございました。

欧州の経験を糧に秋季の飛躍誓う

7月10日(月)から24日(月)まで関東学生陸上競技連盟のヨーロッパを転戦していた鬼塚翔太(2年・体育)、關 颯人(同)、館澤亨次(同)。7月12日(水)のJoensuu Gamesを皮切りに、16日(日)のSavo Games、19日(水)のInternational Meeting de Liege、22日(土)のNight of Athleticsの4戦に出場しました。体格の勝る選手たちの洗礼を浴びつつも、それぞれの持つ力を存分に発揮することができました。關、鬼塚は最終戦で5000mの自己ベストを更新。館澤は自己ベスト更新こそなかったものの、シーズンベストをマークしました。
今回のヨーロッパ遠征で得た経験を糧に、これから始まる夏合宿や秋シーズンに向けて更なる飛躍を誓いました。

熱走!ホクレン・ディスタンスチャレンジ
〜The Reports of Hokuren Distance Challenge〜
7月2日(日)より始まった、ホクレン・ディスタンスチャレンジ2017。
7月6日(木)の第2戦深川大会では、阪口竜平(2年・体育)が13分41秒09と好走を見せました。
今回の企画では、4戦続くホクレン・ディスタンスチャレンジ2017の様子を随時お伝えしていきたいと思います。

第2戦 深川大会 こちら
第3戦 北見大会 こちら
第4戦 網走大会 こちら

多くの皆様のご声援をよろしくお願い致します。

スパートで魅了、見事日本一に輝く
第101回日本陸上競技選手権大会

6月24日(土)、大会2日目には男子1500m決勝が行われました。長距離ブロックからは、前日の予選で組トップで通過した館澤亨次(2年・体育)と東海大記録・今季日本最高記録をマークした木村理来(2年・教養)が決勝に進出致しました。
レースはスローペースで展開し、中盤には木村が集団を引っ張るなど、実業団選手が多く出場する中で積極的にレースを進めました。ラスト1周から館澤が飛び出し、得意のスパートを見せ後続を寄せ付けることなくゴール。先日行われた学生個人選手権でも優勝し学生日本一の座に輝いた館澤は、真の日本一決定戦においても実力を発揮し、正真正銘の日本一に輝きました。
多くの皆様の熱いご声援ありがとうございました。今後も引き続き、多くの皆様のご声援をよろしくお願い致します。

日本一決定戦で魅せた!東海大記録更新
第101回日本陸上競技選手権大会


6月23日(金)から25日(日)までの3日間、大阪・ヤンマースタジアム長居にて第101回日本陸上競技選手権大会が開催されます。
大会1日目は男子1500m予選と男子10000m決勝が行われ、長距離ブロックからは5名が出場致しました。
男子1500m予選では、3組に出場した木村理来(2年・教養)が3分42秒20で自己ベストを記録。さらにこの記録は、2006年にOB佐藤大樹さんが樹立した当時の東海大記録(3分42秒58)を0秒38更新する、東海大記録となりました。男子1500m決勝へは館澤亨次(2年・体育)、木村が進出致しました。今季好調の館澤・木村、決勝でのさらなる記録更新が期待されます。
今後も多くの皆様の熱いご声援をよろしくお願い致します。

総合2位 本戦への切符獲得
秩父宮賜杯第49回全日本大学駅伝対校選手権大会 関東学生陸上競技連盟推薦校選考会

6月18日(日)にさいたま市駒場運動公園陸上競技場にて、秩父宮賜杯第49回全日本大学駅伝対校選手権大会 関東学生陸上競技連盟推薦校選考会が行われました。
昨年度の本戦では、東海大学は総合7位という結果に終わり、惜しくもシード権を逃しました。11月に行われる本戦への切符を懸けた今回の予選会では、3年生以下を代表選手として起用しました。教育実習や日本選手権出場等で主力選手を欠きながらも、2年生の小松陽平(体育)が組1着でゴールするなど、下級生の活躍により見事本戦への切符を獲得することができました。
今年度も学生三大駅伝への出場が確定し、駅伝メンバー選考への新たなスタートを切りました多くの皆様のご声援ありがとうございました。

関東インカレ長距離種目 6年ぶりに優勝
第96回関東学生陸上競技対校選手権大会


5月25日(木)大会第1日目には男子1部1500m決勝、男子1部10000m決勝が行われました。男子1500mにおいては館澤亨次(2年・体育)が予選を全体トップのタイムで通過し、決勝では持ち前のスピードを活かした走りで会場を沸かせました。関東インカレでの長距離種目の優勝は、2011年開催の第90回大会までさかのぼります。OB早川翼さんが男子1部10000mで優勝して以来、6年ぶりの優勝となりました。また、男子10000mにおいては松尾淳之介(2年・体育)が8位に入賞するなど、陸上競技部及び長距離ブロックに良い流れを作ることができました。
今後も引き続き、多くの皆様のご声援よろしくお願い致します。(写真:東海スポーツ)

第96回関東インカレ エントリーメンバー発表

5月25日(木)から5月28日(日)まで4日間にわたって、横浜市・日産スタジアムにて第96回関東学生陸上競技対校選手権大会が開催されます。東海大学陸上競技部としては「今年度の対校戦はすべて優勝する」という目標を掲げています。中・長距離競歩ブロックは「35点」獲得し、全体目標である優勝に大きく貢献したいと思っています。東海大学陸上競技部への多くの皆様の熱いご声援をよろしくお願い致します。
※第96回関東インカレのエントリーメンバーはこちら

鬼塚 オープニングセレモニーに出席

5月14日(日)に熊本県水上村にて、九州中央山地国定公園〜クロスカントリーコース〜「水上スカイヴィレッジ」のオープニングセレモニーが行われました。全天候型トラック(300m)やアイシングプールが設備された「水上スカイヴィレッジ」。5月24日(水)のオープンに先立ち行われた今回のセレモニーには、東海大学からは両角速駅伝監督、昨年度クロカン日本選手権覇者の鬼塚翔太(1年・体育)、西川雄一朗駅伝主務(4年・文)が出席しました。テープカットののち、走り初め(ファーストラン)として熊本県の高校生とともにクロスカントリーコースを走りました。

今季1500m日本ランキング第1位
第28回ゴールデンゲームズinのべおか

5月6日(土)に宮崎県延岡市で開催された第28回ゴールデンゲームズinのべおかにおいて、館澤亨次(2年・体育)が3分43秒16の自己新記録で優勝しました。この記録は今季1500m日本ランキング第1位となる記録です。実業団の選手も多く出場する中、気迫の走りで見事優勝を掴むことができました。多くの皆様のご声援ありがとうございました。

地元駆け抜け 区間賞獲得
第62回山形県縦断駅伝競走大会
4月27日(木)から29日(土・祝)までの3日間にわたって開催される第62回山形県縦断駅伝競走大会にて、山形県出身の谷地宏康(4年・政経)が区間賞を獲得しました。谷地は2日目の第21区(白鷹〜長井市役所)に出走し、区間2位に59秒差をつけて次走者へのリードを残しました。

3連覇達成!総合優勝に大きく貢献
第34回東海大学・日本大学対校戦

4月22日(土)に第34回東海大学・日本大学対校戦が行われました。今大会では長距離種目である1500m、5000m、3000mSC全てで優勝し、総合優勝に大きく貢献することができました。中でも、1500mに出場した關(2年・体育)はアメリカでの武者修行で磨いたスピードを活かし、3分48秒08の大会新記録で優勝しました。
「今年度の対校戦は全て優勝する」という陸上競技部全体目標を達成するべく、陸上競技部一丸となって約1ヶ月後に迫った関東インカレに臨みたいと思います。長距離ブロックだけでなく、東海大学陸上競技部全部員への多くの皆様の温かいご声援をよろしくお願い致します。
(写真:東海スポーツ編集部)

見事ワンツーフィニッシュを果たしました
第32回焼津みなとマラソン 大学対抗ペアマラソンの部

4月9日(日)に行われた第32回焼津みなとマラソン 大学対抗ペアマラソンの部において、主将・春日千速(4年・理)と中島怜利(2年・体育)が見事にワンツーフィニッシュを果たしました。
春日は10kmを過ぎてから単独トップに立つと、他の選手を寄せ付けることなく堂々の1位でゴール。中島も春日と同様に10kmを過ぎたところから、第2集団の中盤から抜け出し2位でゴールしました。2名の活躍により、大学対抗ペアマラソンの部では堂々の総合優勝となりました。
好走に鼓舞されたかのように、ハーフ大学生の部でも島田良吾(4年・体育)と郡司陽大(2年・体育)も共にワンツーフィニッシを果たしました。
多くの皆様の熱いご声援並びに温かいご支援ありがとうございました。

ご入学おめでとうございます

4月2日(日)に入学式がとり行われました。今年度は13名の新入生を迎えることとなりました。 例年に比べると人数こそ少ないものの、学年の仲の良さは他学年に負けていません。毎年この時期になると在校生はフレッシュな新入生の姿を見て、入学したころの自分たちの姿を思い返していることでしょう。 新年度を迎え新たな一歩を踏み出した新入生へ、また東海大学陸上競技部長距離ブロックへの熱いご声援を宜しくお願い致します。