本文へスキップ


    TOKAI univ.  

東海大学陸上競技部中・長距離ブロック    




TOKAI news.

寒さに負けない 陸上教室開催!

1月14日(土)に熊本県立多良木高等学校のグラウンドをお借りして、中高生を対象とした陸上教室を開催しました。 学生講師は九州出身者を含む7名の部員が担当しました。東海大学陸上競技部長距離ブロックが日頃から行っているトレーニングや両角駅伝監督の「走り方の実践」まで多くのことを一緒に学ぶことができました。雪がちらつく中での陸上教室となりましたが、中高生の明るく元気な雰囲気のおかげで寒さも吹き飛ばすことができました。ありがとうございました。

大晦日恒例20000m 大記録誕生!

東海大学陸上競技部長距離ブロックでは、毎年12月31日に箱根駅伝メンバー外の選手たちを対象に、20000mタイムトライアルを行っています。今年度は4年生の安藤健太(体育)が59分57秒33の好記録を叩き出して1位になりました。毎年恒例の20000mタイムトライアルでは、1位になると翌年に活躍できるというジンクスがあります。今回59分台の好記録を叩き出した安藤、彼の今後が非常に楽しみになる結果となりました。2016年の締めくくりとしては最高の結果で終わることができました。2日後に行われる第93回箱根駅伝に向けて、チーム全体でとても良い弾みとなりました。現チームで挑む最後の箱根駅伝、多くの皆様の熱く力強いご声援を宜しくお願い致します。

堅い握手で健闘誓い合う
第93回箱根駅伝壮行会


 
12月16日(金)に体育会ラグビーフットボール部と合同で壮行会を行いました。 荒井七海主将は「70名の部員はもとより、壮行会にお越しくださった皆様、そしていつも声援を送って下さる方々と共に、『チーム東海』として箱根駅伝に臨みます。熊本地震で被災された方々にも元気を与えられるような走りをしたいです。」と抱負を語りました。 最後には、両チームの主将が堅い握手を交わし健闘を誓い合いました。
箱根駅伝まで残り約2週間となり、箱根駅伝メンバーの表情は引き締まってきています。箱根駅伝メンバー16名の選手たちにも負けないくらいに、サポートにまわる選手たちも変わらず日々のトレーニングに励んでおります。
箱根駅伝当日は多くの皆様の熱いご声援を宜しくお願い致します。

伝統ある大会 見事ワンツーフィニッシュ
第39回府中多摩川マラソン大会

11月23日(水・祝)に行われた第39回府中多摩川マラソン大会にて、羽田智哉(1年・文)が1時間06分30秒で見事優勝致しました。今回優勝した羽田は大学入学後初タイトルとなります。羽田に続くようにして茂山蓮太(2年・文)が第2位でゴールし、ワンツーフィニッシュをすることができました。 また、平山知暉(2年・文)も5位入賞を果たしました。
多くの皆様のご声援が出場した選手たちにとって力強い追風となりました。今後も東海大学陸上競技部への温かいご声援をよろしくお願い致します。

東海大学記録更新 日本Jr.歴代2位をマーク
第29回2016上尾シティハーフマラソン

11月20日(日)に行われた第29回2016上尾シティハーフマラソンにて、鬼塚翔太(1年・体育)が日本Jr.歴代2位となる1時間02分03秒で第3位に入りました。鬼塚の記録は日本Jr.歴代2位ということだけでなく、2004年にOB伊達秀晃先輩が樹立した「東海大学記録 1時間02分08秒(当時のハーフマラソン日本Jr.記録)」を5秒更新し、新たな東海大学記録となりました。奇しくも伊達先輩は鬼塚と同じ福岡県大牟田高校出身であり、以前の東海大学記録は同じく上尾シティハーフマラソン大会で打ち立てられた記録でありました。また、松尾淳之介(1年・体育)も8位入賞し学内歴代4位となる好走を見せるなど収穫のある大会となりました。

出雲駅伝 賞品を頂きました

先日行われた第28回出雲全日本大学選抜駅伝競走の組織委員会の方から、賞品のノートパソコンを頂きました。 ありがとうございました。今回の結果は選手だけでなく、部員・スタッフ一同が一丸となり努力を積み重ねた結果であります。これから続く駅伝でも結果を残せるよう、また一からチーム一丸となって頑張ります。
今後も東海大学陸上競技部長距離ブロックを宜しくお願い致します。

出雲駅伝 総合第3位
10月10日(月・祝)に第28回出雲全日本大学選抜駅伝競走が開催されました。
東海大学は序盤から良い流れを作り、総合第3位となりました。目標としていた「優勝」には届きませんでしたが、 6区間中4区間で区間順位2位以内となるなど良い収穫のあるレースとなりました。日頃より東海大学を応援して下さる方々のご支援・ご声援があったからこそ、今回のような順位を獲得することができました。ありがとうございました。今後は11月に行われる全日本大学駅伝、来年1月に行われる箱根駅伝に向けて直向きに取り組んでいきたいと思います。
多くの皆様の熱いご声援ありがとうございました。東海大学陸上競技部長距離ブロックをよろしくお願い致します。

出雲駅伝 エントリーメンバー発表



10月4日(火)に第28回出雲全日本大学選抜駅伝競走のエントリーメンバーが発表されました。
今大会は10月10日(月・祝)に島根県・出雲大社正面鳥居前〜出雲ドーム前の全6区間45.1kmで行われます。東海大学はエントリーメンバー10名全員が5000m13分台となっています。 スピード駅伝に相応しいメンバーをエントリーすることができました。チーム目標である“三大駅伝三位”を達成できるよう、部員・スタッフ一丸となって挑んで参ります。
多くの皆様のご声援よろしくお願い致します。 東海大学のエントリーメンバーはこちら

さらなる高みへ 飛躍誓う
U20世界陸上競技選手権大会(ビドゴシチ/2016)


 7月19日(火) 第16回U20世界陸上競技選手権大会が開幕しました。男子1500mに出場した阪口(1年・体育)は予選3組9着でゴール。組2着までが駒を進める中、惜しくも敗退となりました。 また、男子10000mに出場した關(1年・体育)は9位、鬼塚(1年・体育)は13位となりました。 世界の舞台に立ち、世界のスピードを肌で感じることが出来ました。3選手共に目標を達成すには及ばず、課題の残るレースとなりました。今回の経験を糧とし、次なる目標である出雲・全日本・箱根での3位入賞に向けて邁進していきます。
 競技以外でも海外の選手との交流が出来たことは3選手にとって大きな財産となりました。スポーツを通じて世界中の選手と関わる中で多くの刺激を得ることが出来ました。
 多くの皆様のご声援ありがとうございました。

いざ、異国の地 ポーランドへ
U20世界陸上競技選手権大会(ビドゴシチ/2016)

 7月13日(水) 日本代表選手の3名はポーランド・ビドゴシチに向けて、湘南の地を出発しました。 本大会は7月19日(火)〜24日(日)の6日間、ポーランド・ビドゴシチにて開催されます。日本とポーランドの時差は7時間あり、阪口の出場する男子1500m予選は日本時間19日17:35スタート、 同種目決勝は日本時間22日3:25スタートとなっています。鬼塚・關の出場する男子10000m決勝は日本時間20日3:30スタートとなります。
選手たちを応援する気持ちは必ず彼らに届くことでしょう。多くの皆様のご声援よろしくお願い致します。

日本代表に選出されました
U20世界陸上競技選手権大会(ビドゴシチ/2016)

 6月22日(木)にU20世界陸上競技選手権大会の日本代表選手が発表されました。 長距離ブロックからは、1500mに阪口竜平(1年・体育)(写真中央)、10000mに關颯人(1年・体育)(左)と鬼塚翔太(1年・体育)(右)が選ばれました。 U20世界陸上競技選手権大会は7月19日(火)〜24日(日)までポーランド・ビドゴシチにて行われます。
選手3名の意気込みです!!
阪口:初となる日本代表に誇りを持って、メダル獲得を目指し、最高の舞台で最高のパフォーマンスが出来るように精一杯頑張ってきます!!
:初の世界大会となりますが、積極的なレースをして良い経験を積んでいきたいと思います。自己ベストで入賞出来るように頑張ります。
鬼塚:自己ベストで入賞し、駅伝に繋がる走りをします。

東海ブルーで染めた表彰台
2016日本学生陸上競技個人選手権大会



 
6月10日(金)〜12日(日)までの3日間、ShonanBMWスタジアム平塚にて2016日本学生陸上競技個人選手権大会が行われました。大会1日目の1500mでは阪口竜平(1年・体育)が2位、荒井七海(4年・体育)が3位となりました。大会2日目には5000mタイムレース決勝が行われ、關 颯人(1年・体育)が優勝しました。關にとっては入学後、初のタイトル獲得となりました。 同種目では3位に鬼塚翔太(1年・体育)が3位、松尾淳之介(1年・体育)が入賞しました。大会3日目は3000mSCで宮城壱成(4年・体育)が大会新記録を樹立、2連覇を果たしました。
今後も東海大学陸上競技部中・長距離競歩ブロックに皆様方の温かいご声援を宜しくお願い致します。

ウッドチップを頂きました


 秦野市役所に勤務している陸上競技部長距離ブロックOBの黒田正治様らのご協力により、秦野市から弘法山で伐採した樹木をウッドチップにしていただき、本学のクロスカントリーコースに頂戴しました。東海大学と秦野市の連携事業により、地元の資材を有効活用させて頂きます。ありがとうございました。

1年生が躍動 初タイトル獲得
2016日本学生陸上競技個人選手権大会


 6月10日(金)〜12日(日)までの3日間、ShonanBMWスタジアム平塚にて2016日本学生陸上競技個人選手権大会が行われています。大会2日目には5000mタイムレース決勝が行われ、關 颯人(1年・体育)が優勝致しました。關にとっては入学後、初のタイトル獲得となりました。 同種目では3位に鬼塚翔太(1年・体育)が3位、松尾淳之介(1年・体育)が入賞致しました。また、大会1日目には1500mにおいて、阪口竜平(1年・体育)が2位に入賞し先日の関東インカレ同様に2位となることが出来ました。 フレッシュな1年生の活躍が目立っておりますが、上級生も負けじと健闘致しました。
 今後も東海大学陸上競技部中・長距離競歩ブロックに皆様方の温かいご声援を宜しくお願い致します。